鳥取breakin’練習会12 & 愛媛イベント

今回の鳥取breakin’練習会
お題はいつもの基礎固めから離れ
「必殺ムーブ」「18番ムーブ」
を考えようという
いつもと趣向を変えた内容でした

難しい内容だったんですが
アドバイスをどんどん吸収して
動きを幅を広げていく
自分の限界を更新していく

がむしゃらに体を使うだけの不毛な
時間を浪費する練習ではなく
頭をフル回転させて
イメージと体を連動させる

とても有意義な時間になったのではないか
そう思っています

 

そして愛媛でのイベント
「伊予ノ国」
愛媛と山陰を繋ぐという趣旨で開催されたイベント
そこにゲストとして呼ばれました

山陰のダンス仲間
愛媛のダンス仲間
以前より交流を深め
より良い関係を築けたのではないか
そう思います

このようなイベントを開いて頂き
そしてその場に呼んで頂けた事
とても感謝しています

 

しかし肝心の踊りの方はというと
半年近くかけて挑んだショーケースだったのですが
自分の中では不完全燃焼のまま終わりました

メンタル的な指導力や、指導者としての技術力
これを上げたとしても埋められない壁

メンバーとの意識の差・思いの差
そういったものを痛感させられ
ショーケースは当分やりたくない
そう思いました

ショーケースではなく
バトルや個人の活動として
山陰のブレイクシーンを盛り上げる
背中で語れるようなダンスが出来るように
自分を磨いていこうと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください